机の裏に貼り付けて使う省スペースなワイヤレス充電器「deskHack」販売開始

ただしスマホを本体の上に直接置いても充電できない

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年07月23日, 午後 05:30 in WirelessCharging
0シェア
FacebookTwitter
deskHack
7月22日、株式会社CIOから、机の裏に貼り付けて使用するワイヤレス充電器「deskHack」の販売が開始されました。現在、AmazonなどのECサイトで購入できます。この製品のアイデアは、もともとクラウドファンディングサイト『Makuake』で公開され、800万円以上の金額が集まり商品化となりました。

本製品は、厚さ12mm~32mmに対応した中・長距離ワイヤレス充電器。金属以外の木材やプラスチック、ガラスなど、厚みのあるものを挟んでも充電できます。例えば、本体を机の裏に貼り付けておけば、天板を挟んでその直上にスマートフォンを置いて充電可能です。

deskHack

一般的なワイヤレス充電器は、本体を置くスペースが必要ですが、deskHackを使えば充電器を置くスペースを省いて、机の上を広く使えます。充電器を埋め込んだり、穴を空けたりなど、机を加工する必要はありません。もちろん、充電しないときは普通の机として使えます。

中・長距離ワイヤレス充電器の利点として、厚めのスマホケースを着用した状態でも充電が可能なことが挙げられます。一般的なワイヤレス充電器は厚さが3mmを超えると充電できないことが多く、商品によってはその都度ケースを着脱しないといけません。しかし、deskHackは金属製でない限りは、厚さ32mm以内であれば充電できます。

deskHack

本製品はAndroidで10W、iPhoneは7.5Wの急速充電に対応。ワイヤレス充電にありがちな充電速度の遅さによるストレスがないのも利点です。

注意点としては、まずは貼り付けた場所の真上でないと充電できないことが挙げられます。充電位置から外れると、充電できなかったり、充電速度が極端に遅くなったりします。また、充電するためには12mm以上の距離を取る必要があるため、本体にスマートフォンを直接当てて充電することはできません。

ワイヤレス充電器の需要はますます高まっていますから、今後もこうしたガジェットが次々に登場するかもしれませんね。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Gadgets, WirelessCharging
0シェア
FacebookTwitter