米ピザハット、待たずにピザを持ち帰れるロッカー式ピザ受け渡しサービスをテスト

ピザはアツアツ、ドリンクはキンキンに冷えてます

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年07月24日, 午前 11:50 in Services
0シェア
FacebookTwitter
Pizza Hut
たっぷりチーズを乗せたピザが嫌いな人はいないはず(偏見)ですが、仕事が終わって家に帰ってから宅配ピザを注文していては、待ち時間が勿体ない。そんなとき、帰り道でピザを受け取れるサービスがあれば、玄関入って秒でピザにかじりつける幸せが得られます。

さすがにそこまで焦らなくても良いとは思いますが、米ピザハットのハリウッド店はボックス式のピザ受け取りサービス"Cubbies"のテストを開始しました。Cubbiesは保温機能を備えるロッカーで、ピザはアツアツ、ドリンクはキンキンに冷やした状態で、注文客を待ち受けます。Cubbiesを利用する客は、ロッカーの前で自分の名前の一部が表示されたボックスを見つけ、必要な支払い処理を済ませれば、ドアのロックが解除されてお目当ての品を取り出せます。あとは家まで持ち帰るか、人目を気にしないなら公園や駅のベンチでも、そして最悪その場でも、最初の一切れを味わうことができます。

米ピザハットはアメリカ西海岸の各都市にこのサービスを拡大していく計画だと述べました。ピザチェーン大手はあの手この手でサービスを改善しており、最近ではオーストラリアのドミノピザがキャッシュレス決済限定店舗を5か所にオープンし、店頭やデリバリー時の支払い時間短縮を試験し始めています。

おなかが空くとついイライラしてしまうもの。前の客が支払いにもたついて、コインを床に落とそうものなら頭頂部から見えない煙が立ち上る人も多いことでしょうが、近い将来、順番待ちどころか誰にも会わずにサッとピザを受け取り、スキップで家に帰れる時代になるかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: carryout, food, food and drink, food-and-drink, foodanddrink, gear, pizza, pizza hut, Services, takeout
0シェア
FacebookTwitter