Engadget

Amazonにて「ブラックフライデー」の大規模セールが12月2日(木)23時59分まで開催中。

オススメのセール対象アイテムをご紹介します!

(数量制限や時間制限のあるアイテムもあります。売り切れにご注意を!)

ブラックフライデーではKindle Oasis(wifi 8GB 広告つき)が6999円(23%)OFFの2万2980円にて販売中です。

Kindle Oasis Amazon ブラックフライデー

 以降では、編集部のつくね伯爵によるレビューを再掲してお届けします。

新型「Kindle Oasis」(第10世代)が発売されました。AmazonのE-Ink電子書籍リーダーKindleシリーズの最上位モデルで32GB、広告なし、Wi-Fi+無料4Gモデルという一番高価な構成で4万980円(税込)という値付け。編集部に届いた実機のインプレッションをお届けします。

■関連記事
新Kindle Oasisがつくる、ママの快適読書生活
新型Kindle Oasisと一緒に過ごすプチトリップ!プールで読書を楽しむ

Engadget

ディスプレイは7インチで、解像度は300ppi。25個のLEDライトを搭載しています。最大の特徴は明るいホワイトから暖かみのあるアンバーまで調整できる新機能「色調調節ライト」。24段階で設定でき、時間指定で自動で暖かみを変化するようにセットできます。色調とは別に明るさも24段階で設定できます。

Engadget
▲一度暖色表示に慣れるとホワイト寄りの設定は眩しく感じてしまう
Engadget

実機に触れてみると、指に引っかかりのある背面形状と、画面に触れることなく読み進めることができる「ページ送りボタン」の素晴らしさを改めて実感しました。フラットな形状で手の位置が安定しにくい「Kindle Paperwhite」「Kindle」と比較すると、Oasisはストレスなく片手で読書に没頭できます。

kindleoasis
▲前モデルと同じIPX8等級の防水性能を搭載

入浴中に漫画を1冊読んだのですが、ページ送りボタンがあるおかげで誤操作なくスッスッと読み進めることができました。

Engadget
▲漫画表示はこんな感じ
Engadget
▲見開き表示も可能。ハンターハンターのように文字が細かい作品はサイズ的に読みづらい


明度調整と持ちやすい形状、ページ送りボタンは現行のKindleのラインアップでは最上位機種のみの機能。書籍リーダーに特化した端末としてはかなり高額ですが、価格相応の読書体験を手にできそうです。

Kindle Oasis Amazon ブラックフライデー