ソフトバンク
ソフトバンクグループ(SBG)は、私募ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」を設立すると発表しました。第1弾のビジョン・ファンドと同じく、業界トップクラスのテクノロジー企業への投資を目的としています。

発表日(7月26日)時点で、出資予定総額は1080億ドル(11.7兆円)という規模。そのうちSBGは380億ドル(4.1兆円)を拠出します。

ソフトバンク以外の投資者にはアップル、Foxconn Technology Group(台湾鴻海グループ)、マイクロソフト、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、第一生命保険、三井住友信託銀行、SMBC日興証券、大和証券グループ本社、カザフスタン国立銀行投資公社、スタンダード・チャータード銀行と台湾の大手投資家(詳細非公表)が名を連ねています。