Engadget
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は7月25日、同社の電子ペーパー「クアデルノ」(QUADERNO)の全国家電量販店での販売開始と、新機能を発表しました。
クアデルノは紙のような書き心地を再現した、ペン入力対応の電子ペーパー。PDF資料やカレンダーなどを手書きで書き込めます。A5モデルは約251g、A4モデルでも約350gと、端末が非常に軽量なことが特徴です。


新しいモデルとして富士通ショッピングサイト「WEB MART」と全国の家電量販店で7月25日から受注を開始し、8月1日に販売開始します。直販価格も変更され、A5モデルは税込み7万5500円から4万9800円(約34%の値下げ)、A4モデルは税込み8万6200円から6万9800円(約20%値下げ)になりました。量販店は直販価格に合わせた価格帯で販売予定とのことです。

Engadget

また、ユーザーからの熱烈な要望を受けてソフトウェアがアップデートされ、2つの機能が実装されます。

1つ目はAndroidとiOSに対応したスマートフォン用アプリ「QUADERNO Mobile App」。スマホで受信をしたメールの添付ファイルを「クアデルノ」で確認し、手書きのメモを加えた資料をスマホに戻すことができます。さらにNFC対応スマホであれば、クアデルノにかざすだけでデータのやり取りが可能になります。

Engadget

2つ目はMacとの連携。以前まではPCとの連携は専用アプリをダウンロードしたWindowsのみでしたが、8月下旬から提供される「Digital Paper PC App」はmacOSと連携できるようになります。対象のmacOSは10.12/10.13/10.14です。

機能が充実して、大幅に手に届きやすい価格になったクアデルノ。購入を迷っていた人には間違いなく朗報ですね。