ポケモンGO、『GOロケット団』が再び襲来。「怪しい集団の謎を追え!」スペシャルリサーチ開始

本隊が来た!

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年07月25日, 午後 11:37 in niantic
0シェア
FacebookTwitter


唐突に現れて一日で去っていった『GOロケット団』が再び姿を現しました。

新しいスペシャルリサーチ「怪しい集団の謎を追え!」も始まっており、最初の出現はフライングか偵察で、今度こそ本格的に導入されたと考えて良さそうです。



前回のGOロケット団襲撃はごく一部のポケストップのみが占拠されていましたが、正式襲撃?の今回はより多くのポケストップが変色しておりしたっぱと遭遇しやすくなりました。

GOロケット団のしたっぱが操るシャドウポケモンが前回よりも強力になっているとの報告が多く、カビゴンとカイリューの編成など、油断すると負けかねないバトルと対策パーティーづくりが楽しめます。

また公式の告知で、シャドウポケモンはトレードできない仕様が明言されました。シャドウのままキラフレンドと交換して高個体値を確定させ、さらにリトレーンで+2することはできません。一方、リトレーン後のポケモンは自由に交換できます。



したっぱに勝利したのち、ゲットチャレンジも前回より基本の捕獲率が下がっている?ようです。したっぱ撃破とリトレーンを繰り返すことで、メダルによるボーナスボールが狙えます。



GOロケット団に占拠されたポケストップは、回せるほど近づけば黒いディスクにRマーク、したっぱが現れるためすぐに判別できます。

Pokemon GO

遠くからの場合は、上部のキューブが黒っぽく変色していること、通常とは違うプルプル震えるような動きをしていることで区別できます。

ロケット団に占拠されたポケストップは、時間で現れたり元に戻ったりします。かなり遠くに見かけて徒歩で目指しても、ノーマルに戻ってしまう可能性があることに注意してください。

逆にいえば、近くに見当たらなくても30分や一時間後にまた見回せばあらたに占拠されている可能性があります。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: niantic, pokemon go, pokemongo
0シェア
FacebookTwitter