サムスンの「Galaxy Book S(仮)」はスナドラ855搭載のWindows 10ラップトップに?

順当にスペックアップ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年07月29日, 午後 05:00 in laptop
0シェア
Samsung Galaxy Book S

韓国サムスンの次期ラップトップ「Galaxy Book S(仮称)」のスペック情報とされるデータが、海外サイトにて報告されています。

海外テックサイトの91mobilesが伝える今回の情報は、Bluetooth SIGの認証やベンチマークアプリのGeekbenchの情報から判明したものです。なお、Galaxy Bookシリーズはタブレットとしても使える2-in-1タイプのWindowsラップトップです。

まずGeekbenchの登録情報によると、Galaxy Book SはOSにWindows 10を採用。プロセッサは2.84GHz駆動のクアッドコアプロセッサで、こちらはSnapdragon 855だと推測されます。またRAM容量は8GBと、前モデルの「Galaxy Book 2」から順当にスペックアップしています。

またBluetooth SIGには、Galaxy Book Sは「SM-W767」というモデルナンバーで登録されています。こちらから読み取れる情報は少ないのですが、Bluetooth 5.0での通信に対応しているようです。

なお、Snapdragon 850を搭載したGalaxy Book 2では、最大20時間のバッテリー駆動がうたわれています。現時点ではスペック情報は伝えられていませんが、Snapdragon 855を搭載したGalaxy Book Sでも、従来型のラップトップを超える長時間駆動を期待したいところです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: galaxy, galaxy book, laptop, Samsung, snapdragon, Snapdragon855, windows, windows10
0シェア