ASUS ZenFone 6
台湾ASUSが今年5月に発表した、フリップ式カメラを搭載したスマートフォン「ZenFone 6」が、米国市場にて販売を開始しました。

注目の米国向け価格は、499.99ドル(約5万3000円)。ASUSストアやAmazon、B&H、Mobile Advanceにて入手可能です。ヨーロッパ地域ではすでに販売が開始されていたZenFone 6。その最大の特徴は、フロントカメラを搭載しないかわりに、上の画像のようにリアカメラが前向きにフリップすることで、セルフィーが撮影できる機構でしょう。このリアカメラは4800万画素メイン+1300万画素ワイドという構成で、高画質なセルフィー撮影に活用できます。

本体スペックもハイエンド端末らしく、6.4インチディスプレイにプロセッサはSnapdragon 855、RAMは8GB、内蔵ストレージは最大256GBを搭載。本体にはデュアルスピーカーやノイズ低減デュアルマイク、microSDカードスロット、デュアルNano SIMスロットも用意されています。

さらにバッテリー容量は、ハイエンドクラスとしても余裕の5000mAhで、長時間のバッテリー駆動を実現。合わせて昨今は省略されがちな、イヤホンジャックも搭載します。


そしてZenFone 6は、ハイエンド級モデルとしては安価な点も大きな特徴でした。その点から米国向けモデルでの価格が注目されていたわけですが、蓋を開けて見れば500ドル切りと、やはり手頃な価格となっています。ぜひ日本でも、こうした価格設定を引き継いでの投入を期待したいところです。