サムスン、Galaxy Watch Active2のアンダーアーマーモデルを発表

Apple WatchのNikeモデルのようなもの

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年08月9日, 午後 05:00 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Watch Active 2 Under Armour
Samsungは、日本時間の8月8日に行われたGalaxy Note10のUnpackedイベントにおいて、米スポーツ用品メーカーのUnder Armourとコラボした「Galaxy Watch Active2 Under Armour Edition(以下、UAエディション)」を発表しました。

スポーツ用品メーカーとのコラボと言えば、AppleがApple WatchでNikeエディションをリリースしていますが、そのSamsung x Under Armour版といったものになっています。


ハードウェアとしての基本仕様は通常のGalaxy Watch Active2と変わりはありません。40mmと44mmの両サイズありますが、ケースはアルミのみ。ステンレスケースとLTEモデルはありません。

Galaxy Watch Active2 UA

主に違いがあるのはソフト面。Galaxy Watch Active2は、各種アクティビティの計測に対応していますが、UAエディションはその中でもランニングに注力しており、スマートウォッチやスマートシューズUA HOVR Connectedからデータを取得し、リアルタイムのコーチングを提供します。

価格は309ドルからで、9月13日に発売されます。日本では、UA HOVR Connectedも発売されていないので発売はないと考えられますが、この機会にシューズとセットでリリースして欲しいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gadgetry, gadgets, galaxy watch, galaxy watch active, galaxy watch active 2, galaxywatchactive, gear, hands-on, Samsung, samsung galaxy watch active 2, Smartwatches, underarmour, wearables
0シェア
FacebookTwitter