8月11日のできごとは「libretto W100 発売」「KéNero Thunderbird 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年08月11日, 午前 08:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

8月11日のおもなできごと

2009年、ソニーがポータブルナビ「NV-U3DV」を発売
2010年、東芝が2画面ミニノート「libretto W100」を発売
2013年、RIKI氏によるファミコンソフト「キラキラスターナイト」発売
2016年、リンクスインターナショナルが「KéNero Thunderbird」を発売today

2010年:表示エリアの拡大やソフトキーボードが使える2画面ミニノート「libretto W100」

today
東芝がノートPC事業25周年記念モデルとして発売したもののひとつとなるのが、上下2つのタッチ対応液晶を備えた「libretto W100」。librettoといえば、ノートPCをそのまま縮小したようなミニノートシリーズで人気となった製品ですが、まさかの物理キーボード廃止で話題となりました。

下の画面はソフトウェアキーボードを表示して使えるほか、普通に拡張ディスプレイとしても使えるのが特長。縦持ちにすれば、本のような見開き表示で使えます。実用性はさておき、このチャレンジ精神にあふれた製品はlibrettoの名にふさわしいといえるでしょう。

スペックは、CPUにPentium U5400、タッチ対応7インチ液晶(1024×600ドット)×2、2GB RAM、62GB SSDなど。重量は約699gですが、バッテリー駆動時間は約2時間と結構短いです。大容量バッテリーを使えば約4時間まで伸びますが、重量は約819gに増加します。

東芝のPC事業は独立し、シャープ傘下のDynabook株式会社になりましたが、またこういったヤンチャな製品を投入してくれるとうれしいです。

2016年:iPhoneにBlackBerryのような物理キーボードを追加「KéNero Thunderbird」

today
文字入力は人によって好みが変わるところ。ソフトウェアキーボードのレイアウトだけでいいならQWERTYもフリックもケータイ打ちも好みで変更できますが、BlackBerryのような物理キーボードが欲しいとなるとなかなか難しいものがあります。

そんなコアなユーザーの願いをかなえてくれたのが、「KéNero Thunderbird」です。これはBluetooth接続のキーボードなのですが、なんとiPhone 6/6sの本体に装着できるというのが特長。上下にスライドさせて位置を動かせるので、キーボードで隠れてしまう部分を見たい場合でも大丈夫です。また、背面に装着すれば全画面閲覧できます。つまり、普段は背面に装着して普通のiPhoneとして使い、長文入力ではキーボードを使う......といった使い方が可能なわけです。

iPhoneはモデル数が少ないため、こういったニッチな周辺機器が出せるのが強いですね。Androidだとサイズが統一されていないのでこういった機器は発売しづらく、その点少々うらやましく思います。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: keyboard, libretto, libretto w100, links international, LinksInternational, today, toshiba
0シェア
FacebookTwitter