Xiaomi 100MP Camera Smartphone

中国シャオミは1億画素カメラを搭載したスマートフォンの投入を予告しています。
シャオミによれば、同社は韓国サムスンと共同でスマートフォン向けの1億画素(正確には1億800万画素)センサーを発表。これから出力される画像ファイルのサイズは12032 x 9024ドットと巨大なものです。

シャオミによれば、このイメージセンサーと2倍ズームカメラを組み合わせた時にも、2700万画素の高解像度画像が出力できます。さらにセンサー自体のサイズもスマートフォンとしては過去最大級で、暗所下での撮影性能の改善がうたわれています。

現在発表されているスマートフォン向けイメージセンサーで最も画素数が多いのは、韓国サムスンの「ISOCELL Bright GW1」で6400万画素を実現しています。しかしサムスンからもソニーからも、1億画素のスマートフォン向けセンサーは正式発表されていません。今回の発表でも、1億画素センサーの詳細については触れられていません。

現時点ではいつシャオミから1億画素カメラ搭載スマートフォンが発売されるのかわかりませんが、画素数で中判カメラに肩を並べる端末の登場には、期待せざるを得ません。