サムスンが1億画素のスマホ向けイメージセンサーを発表、シャオミスマホに搭載へ

中判カメラに迫る画素数、6K/30fps動画撮影にも対応

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年08月12日, 午後 06:00 in Samsung
0シェア
FacebookTwitter
Samsung 108MP Mobile Sensor

韓国サムスンは、スマートフォンなどモバイル機器向けの1億800万画素のイメージセンサー「ISOCELL Bright HMX」を発表しました。こちら、中国シャオミ(Xiaomi)からも数日前に投入が予告されていたものです。

ISOCELL Bright HMXは、スマートフォン向けイメージセンサーとしては最大級となる1/1.33インチサイズで製造されます。これは、高級コンデジなどに採用されている1インチセンサーの4分の3という大きさです。「Tetracell」技術により、ISOCELL Bright HMXでは4ピクセルをまとめて1ピクセルとして扱うことで、暗所でも明るく撮影できる2700万画素センサーとして動作も可能としています。

そして「Smart-ISO」技術では、イメージセンサーが周辺光にあわせてISO感度を自動選択。暗い場所ではISO感度を上げることができます。また動画撮影機能では、6K解像度(6016 x 3384ドット)/30fpsでの撮影が可能です。

近年スマートフォン向けのイメージセンサーではサムスンとソニーが熾烈な画素数競争を繰り広げており、両社とも2018年の段階で4800万画素センサーを発表しています。

しかし今年5月にサムスンは6400万画素のスマートフォン向けイメージセンサーを発表し、ソニーを一歩リード。そして今回1億画素センサーを発表することで、大きなマイルストーンを達成したことになります。サムスンは発表文の中で「シャオミとサムスンはコンセプトの初期段階から生産まで緊密に連携して、画期的な108MPイメージセンサーを生み出しました」と表明しています。

サムスンによれば、ISOCELL Bright HMXの量産は今月中に開始されます。この1億画素センサーを搭載するスマートフォンはシャオミから登場することになりますが、新たな段階に入った高解像度勝負に他のメーカーは追従するのか......。いずれにせよ、スマートフォンのカメラ性能競争は今後、さらに激化することになりそうです。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents