次期Google Wifiは最新規格「Wi-Fi 6」に対応か スマートスピーカー機能も実装?

最新規格の力

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
New Google WiFi

米グーグルのWi-Fiルーターこと「次期Google Wifi」について、最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)」に対応するとの情報が伝えられています。

海外テックサイトの9to5Googleによると、Googleは次期Google Wifi「コードネーム:Mistral」を開発中。この製品には米クアルコムのプロセッサー「QCS405」が搭載されると予測されています。

そして注目すべきことに、このQCS405はWi-Fi 6の実装にも対応しています。Wi-Fi 6の特徴は通信速度や接続容量、パフォーマンス、省電力性能の向上がうたわれており、現行モデルのGoogle Wifiが対応する「Wi-Fi 5(802.11ac)」の上位規格となっています。

さらに、QCS405ではスマートスピーカー的な機能の搭載も可能です。スマートスピーカーにはマイクやスピーカーなど追加部品が必要ですが、現時点で次期Google Wifiにスマートスピーカー機能が搭載される証拠は見つかっていません。

今年の2月にはGoogle Wifiと思わしきWi-FiデバイスがFCC(連邦通信委員会)の認証を通過しており、情報が正しければ製品投入もそう遠くないことが予測されます。進化し続けるネットワーク規格に対応した、グーグル製の最新ルーターの登場に期待したいところです。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: google, google wifi, IEEE802.11ax, wifi, wifi router
0シェア
FacebookTwitter