Apple Card、物理カードが米国ユーザーに続々到着。審査基準は寛大?

チタン製カードかっこいいです

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年08月13日, 午後 02:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
AppleCard
アップルのクレジットカードApple Cardは基本的にApple Payでの使用が想定されていますが、非対応の店舗で使われるチタン製のカードも発行されます。その物理カードが郵送されてきたとの声が、米国にて相次いで報告されています。米大手金融機関ゴールドマン・サックスと提携して発行されるApple Cardは「米国内で8月中にリリース」とされ、発行開始はまだのはず。ですが、公式サイトには一部ユーザーに招待メールが送信済みと示唆する記述があり、それらの人々が実際に手続きをして物理カードを受け取っていると思われます。

テックメディアThe VergeのNilay Patel氏はTwitter上でApple Card(物理)の写真をシェアしており、他社の金属製やプラスチックのクレジットカードより分厚いことをあきらかにしています。これ以前に重さは約14.75gで、Chase Sapphire Reserveのクレジットカードよりも若干重く、American Express Platinumよりも軽いと報告されていました。
もう1人の早期入手ユーザーであるAaron Andino氏は、YouTubeでApple Cardの開封ビデオを公開し、パッケージの詳細を紹介しています。「iPhoneを起動してここに近づける」といったアクティベーション方法が書かれたパッケージなどは、5月に有名リーカーBen Geskin氏が公開した写真と一致しています。

チタン製の物理カードはアップルのロゴやICチップ、ユーザー名のみがあるミニマルなデザイン。カード番号や有効期限もなく、裏面にCVV(セキュリティ番号)もありません。これら詳細な情報はiPhone内のWalletアプリに保存され、万が一カードが紛失・盗難に遭った場合のセキュリティを高めているわけです。

Apple Cardの会員規約は発行元のゴールドマン・サックスが公開しており、カードを持つ資格は「18歳以上の米国市民または合法的な居住者であること」と表記。アップル公式サイトでは、発行手続きが動画で分かりやすく解説されています。

クレジットカードの発行には審査がついて回りますが、米CNBCは与信限度額が低くAPR(カード利息)が高くてクレジットスコアが600台(クレジットスコアとはその人の信用を計る目安で、800以上が優良。600台は良くない)でも承認された人がいたと報じていました。ゴールドマン・サックスの審査はかなり寛容と思われます。

年会費や延滞金も一切かからず、最大3%のキャッシュバック(Apple Storeでの買い物)も魅力的なApple Card。今のところ日本での展開につき言及はありませんが、審査基準が寛大とすれば、ますます国内でも発行を求めるニーズが高まりそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, applecard, applepay, CreditCard, Goldman Sachs, iphone, payment
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents