OLED
これまでほとんど情報が伝えられなかった次期Apple Watch(通称Apple Watch Series 5)ですが、今年後半に発売され、OLEDパネルの一部をジャパンディスプレイ(JDI)が供給するとのアナリスト予測が報じられています。アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、今年後半に「新しいApple Watch」が登場し、JDIがそのOLEDパネルのサプライヤーに加わると予測するレポートを発表。JDIは徐々にApple Watch用OLEDの受注量を増やし、2019年の15〜20%から、2021年には70〜80%に達すると述べられています。

今回のKuo氏のレポートは、アップルがOLEDパネルの調達にまつわるリスクを減らす戦略を概観したものです。iPhone向けOLEDパネルについても、サプライチェーンの多様化を図るため、(現在のサムスン独占供給から)中国メーカーのBOEテクノロジーも追加のサプライヤーとなるとのこと。英投資銀行バークレイズも、韓国LGやBOEがiPhone用のOLEDパネル生産に加わると観測していました。

Kuo氏の予測はApple Watch Series 5の具体的な発売日には言及していませんが、米アップル関連情報サイトMacRumorsは過去のSeries 1〜Series 4がすべて9月に発売されたことから、おそらく(新型iPhoneと同じ)9月になるだろうとコメント。いずれにせよ、そもそも今年発売されるかどうかも定かではなかったApple Watch Series 5の手がかりが、ようやく過去に実績ある情報筋からもたらされたことになります。

JDIがApple Watch用OLEDパネル供給に参加するとの噂は、アップルが同社に約100億円出資を検討しているとの報道とも符号するもの。JDIの経営立て直しにとってプラス材料となりそうですが、2020年のApple WatchがOLEDからMicroLED画面に切り替えとの噂もあり、まだまだ予断を許さないのかもしれません。