米CBS、任天堂世界選手権2019を3回シリーズで放送へ。E3での大会を舞台裏やプレイヤーの視点絡め描く

eSports人気上昇中

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年08月16日, 午後 02:00 in AV
0シェア
FacebookTwitter
Nintendo

米テレビ局CBSが、Nintendo World Championshipsを放送します。競技種目はスーパーマリオメーカー2、スプラトゥーン2、大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Super Smash Bros. Ultimate)の3種目。8月末から9月にかけて3エピソードにわけ、出場チームの舞台裏やステージ上の様子を絡めた内容になる模様です。任天堂はこの大会のためにeSports団体のELEAGUEと提携しました。これは2018年11月に米TBSで放送された大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの大会におけるパートナーシップに続くものです。

Nintendo World Championships 2019は今年6月、コンピューターゲーム見本市E3の開幕前に行われた大会で、今回のCBSによる放送はそのときの様子を編集したものとなる見込み。この大会はインターネットでライブ中継もされたものの、テレビならではの切り口でeSportsの魅力を伝えるものになりそうです。

米国ではeSportsの大規模な中継/配信が増加傾向で、米ABCは「オーバーウォッチ」リーグの模様を放送しておりネットでのライブ配信では「フォートナイト」ワールドカップが数百万人もの視聴者を集めました。CBSによるNintendo World Championshipsの放送も、eSportsが米国での人気を獲得し続けていることをしめす動きと言えそう。この大会には日本代表チームも参戦していたので、日本国内でもどこかのテレビ局またはネット配信でシーンの盛り上がりを届けてほしいところです。

日本国内のeSportsシーンは海外に比べればまだまだ...な印象は拭えませんがJESUのウェブサイトを見てみればコンスタントにイベントは開かれている模様。毎年1~2月に開催される闘会議や、いばらき国体eSportsのような規模の大きな大会も開かれつつあり、今後のさらなる普及に期待です。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: art, AV, cbs, competitive gaming, competitivegaming, entertainment, esports, gaming, nintendo, nintendo switch, nintendo world championships, nintendoswitch, nintendoworldchampionships, splatoon 2, splatoon2, super mario maker 2, super smash bros ultimate
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents