Amazon Fire HD 8 Alexa

8インチタブレット「Fire HD 8(2018年9月発売の第8世代モデル)」が、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応しました。Wi-Fi経由でソフトウェアアップデートすることで、Alexaが使えるようになります。

一足早く対応していたFire HD10、Fire 7と同じく「ハンズフリーモード」に対応します。画面上部の設定画面をスワイプし、ハンズフリーモードを有効にすることで同機能を使えます。同機能が無効の場合は、本体下部にあるホームボタンを押してAlexaに話しかけます。

また、画面上部の設定画面をスワイプし、「ハンズフリーモード」を有効にすることで、ホームボタンを押さなくてもハンズフリーでAlexaを使えます。

さらに、「Show Mode」にも対応し、ネットワークカメラの映像を確認したり、楽曲再生時に歌詞を表示したりと、スクリーン付きスマートスピーカーのような使い方も可能です。Amazonは、Fire HD 8のディスプレイ上に様々な情報を表示できることで、ビジュアルでの楽しみ方が一層広がるとアピールします。

Fire HD 8は8980円で販売されている高コスパなタブレット。最大1280×800ドットの解像度で表示可能な8インチのディスプレイや、Dolbyオーディオのステレオスピーカーの搭載、400GBまでのmicroSDカード(別売)に対応している点が主な特徴です。

今回のアップデートにより、現在販売中のFireタブレット全ラインアップでAlexaの利用が可能になりました。