GeForce NowNVIDIAは8月19日(現地時間)、現在パブリックベータとして提供している同社のGeForce NOW(GFN)について、今秋にはAndroidへの対応を行うと発表しました。

GFNは、サーバ上でゲームを動かすことで、非力なPCなどでもハイエンドゲームを楽しめるゲームストリーミングサービス。GoogleのStadiaや、MicrosoftのxCloudと同種のサービスです。
3月には、利用するクラウドサーバをRTXサーバへ更新すると発表していました。RTXサーバは1つ辺り40のGPUが搭載されたブレードサーバで、複数のGFNユーザーのゲームを同時に処理します。このRTXサーバが、本日から北カリフォルニアとドイツで稼働し、同地域のゲーマーはそのパフォーマンスをいち早く体験できるとしています。
そして、そのGFNが、Androidでも利用可能になると発表されました。ただし、GFNで利用するほとんどのゲームがタッチパッドでの操作を考慮していないため、Bluetoothゲームパッドの使用を推奨するとのことです。

GFNの正式リリースがいつになるかは、まだ発表されていませんが、今後数か月でサービスを開始するとしています。なお、日本でもソフトバンクがパートナーになっており、GFNが提供される予定です。