8月22日のできごとは「HP iPAQ Pocket PC h1937 発売」「ASUS MeMO Pad 8 AST21 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年08月22日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

8月22日のおもなできごと

2003年、日本HPが「HP iPAQ Pocket PC h1937」を発売
2014年、auがLTEに対応した「ASUS MeMO Pad 8 AST21」を発売
2016年、マイクロソフトが「Surface Hub」を出荷開始
2017年、グーグルが「Android 8.0 Oreo」を正式発表today

2003年:Pocket PC 2003を搭載した小型軽量なPDA「HP iPAQ Pocket PC h1937」

today

約8時間駆動可能なリチウムイオンバッテリーを搭載しながら、約124gという軽さを実現したPDAが「HP iPAQ Pocket PC h1937」。iPAQシリーズは、Windows Mobileシリーズを採用したPDAの中では屈指の薄さと軽さを誇り、アルミ地の美しいデザインとで人気の高かったモデルです。この「HP iPAQ Pocket PC h1937」では拡張スロットにCFは採用せず、SDIOのみに限定することで、約13mmという薄さと小ささを実現しています。

通信機能を使う場合は、赤外線通信となるIrDA、もしくはUSBクレードルを使ったPCとの同期が必要でした。Wi-Fiは内蔵していませんから、屋外などで通信したい場合はSDIOに対応した通信モジュールが必要というのが若干残念。とはいえ、PDAの役目はPC内のデータを見やすく持ち出すこと。スケジュール管理といった手帳代わりが主用途でしたから、クリティカルな問題ではありません。

先着2000台という限定ではありましたが、1万9800円で買えるキャンペーンがあったりと、価格面でもかなり魅力的でした。

2014年:8インチでも約301gという軽さを実現したAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad 8 AST21」

today

大きな画面でコンテンツやアプリ、ゲームを楽しみたいという人にうれしいタブレットですが、価格の高さや重量から諦めがち。その点「ASUS MeMO Pad 8 AST21」は(auとの契約が必須となるものの)一括払いで3万6720円、さらに毎月割によって実質0円になるという安さ、そして8インチと大きな画面ながらも約301gという軽さを実現しているのが魅力でした。

約7.7mmという薄さもあって、カバンにしまって持ち歩きやすいというのもいいですね。忘れてはいけないのがLTEに対応していること。屋外でもWi-Fiを気にせず通信可能というのは、タブレットをフルに活用するのに大変役立ってくれます。

SoCはAtom Z3580(Moorefield)。従来のAtom Z2560(Bay Trail)と比べ性能が大きく向上し、ストレスなく利用できるようになりました。その他のスペックは、2GB RAM、16GB ストレージ、8インチ液晶(1920×1200ドット)、約500万画素+約120万画素 カメラなど。

LTEが必要ない人にとってはauとの契約が必要なぶん割高となってしまいますが、LTE対応のタブレットが欲しかった人にとっては、まさにお買い得な製品でした。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: asus, au, hp, ipaq, memo pad 8, today, windows mobile
0シェア
FacebookTwitter