Google、Intel、Microsoftらが処理中データの保護を目的とした業界団体を設立

AppleやQualcommは未参加

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年08月22日, 午後 08:15 in security
0シェア
FacebookTwitter
Confidential Computing Consortium
The Linux Foundationは8月21日(現地時間)、GoogleやIntel、Microsoftら10社が参画し、コンフィデンシャルコンピューティングの促進を目的としたコミュニティ「Confidential Computing Consortium(CCC)」の設立を発表しました。
通常、クラウドコンピューティングのデータ保護というと、保存するストレージや転送中のデータについて暗号化などを施すことをイメージし、また実際それらへの対応が行われています。
これに対し、コンフィデンシャルコンピューティングは、処理中のデータ保護に重点を置いています。暗号化されたデータをメモリ内で処理し、システムの他の部分に展開しないことにより、機密データの露出を減らし、ユーザーによる制御と透明性の向上を図ります。

これを実現するにはハードウェアのみならず、オペレーティングシステムや各種プログラムなど、多岐にわたる連携が必要です。この実現のため、業界を横断して取り組んでいこう――というのが今回のCCCというわけです。

なお、CCCはオープンソースコミュニティでもあり、その初期プロジェクトとして、ハードウェアで保護された信頼できるアプリケーションを構築するためのSDK「Open Enclave SDK」がGitHubで公開されています。いまのところ、CPU(SoC)の技術としてはIntelのSGXとARM TrustZoneが、OSとしてはLinux(x86-64およびAarch-64)、Windows(x86-64)がサポートされています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alibaba, arm, baidu, confidential computing consortium, gear, google, google cloud, ibm, intel, internet, linux foundation, microsoft, open source, personal computing, personalcomputing, red hat, security, swisscom, tencent
0シェア
FacebookTwitter