Insta360、親指に隠れる超小型カメラを予告。強力手ブレ補正のアクションカメラ?

詳細は8月28日に発表

砂流恵介(Keisuke Sunagare)
砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2019年08月22日, 午後 11:00 in action camera
0シェア
FacebookTwitter
EngadgetInsta360が謎の新製品を予告しました。

Insta360といえば、手軽に全方位を撮影できる360度カメラが代名詞ですが、新製品はそれとは違ったものになりそうです。
公開されたティーザー画像を見ると、新製品は親指に隠れるサイズだとわかります。右側にちょこっとはみ出して見えるのがどうやら新製品のよう。また、公式アカウントにて公開された動画では、「軽さ」「小ささ」「手ぶれ補正」がアピールされています。

Engadget

Engadget

軽さに関して動画内では、GoProと思われるアクションカメラの6分の1の軽さと謳われています。

比較対象がGoPro HERO7 Blackだとすると重さは116gなので、Insta360の新型カメラは20g前後だと推測できます。

Engadget

Engadget

さらに動画では通常のアクションカメラより2倍の「流暢さ」も謳われています。比較は手持ちでもガタつきのない、滑らかな撮影ができる手ブレ補正のアピールです。

360度カメラInsta360 ONE Xなどの従来モデルでは、手持ちや揺れる乗り物にマウントしても、まるでジンバルに載せたかのように滑らかで揺れの少ない動画が撮れる「FlowState 手ブレ補正」に対応していました。新製品もこれに近い技術を搭載しているのかもしれません。

......というわけで、現時点ではこれくらいの情報しかわかりませんが、親指サイズで手ぶれ補正にも対応したカメラだとすれば、従来のアクションカメラよりも、もっと手軽に日常使いで活躍してくれそうです。

動画の解像度は? 画角は? バッテリーの持ち時間は? などなど、疑問は尽きません。Insta360はハードウェアと同等以上にアプリの新機能が先進的でアップデート頻度が高いため、カメラだけなくアプリにどういった機能が搭載されるのかも気になります。

新製品の正式発表は8月28日。今回のティザーも日本時間の深夜に公開されていることから、28日も日本時間では同じくらいの時間帯ではないかと思われます。果たして何が登場するのか、楽しみですね。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: action camera, camera, insta360, tether
0シェア
FacebookTwitter