Chromeでのサイトからの通知許可、近日細かい制御が可能になる模様

あれ、邪魔ですよね

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年08月27日, 午前 07:00 in google
0シェア
FacebookTwitter
Google Chrome Notification

米グーグルのChromeブラウザに、サイトからの通知を求めるプロンプトを細かく制御できる機能が実装される可能性が、海外サイトにて報じられています。

xdaが開発者向けバージョンとなる「Chromium」にて発見した「Quieter notification permission prompts」というフラグでは、通知の表示方法を細かく制御、あるいは完全にオフにすることができます。

たとえば、Heads-up notificationsとはポップアップ表示されるもので、mini-infobarsはアドレスバーの上に表示されるものです。なお、このフラグは現在は機能していません。

一応、Chromeではすでに全通知をオフにすることはできます。しかし今回の機能は、サイトからの通知をユーザーが意図した形に抑えることができるという意味で、一歩進んでいるといえそうです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: browser, chrome, google, internet
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents