グーグルがスマートスピーカー市場で3位転落 浮上したのは中国バイドゥ

中国パワー

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Google Smartspeaker

世界のスマートスピーカー市場にて、中国バイドゥ(百度)が米グーグルにかわり2位の座を奪取していたことが、最新調査により判明しました。

調査会社Canalysのレポートによると、バイドゥは2019年第2四半期に450万台のスマートスピーカーを出荷。これは、前年同期比で3700%の増加という、圧倒的な伸び。なお、昨年の第2四半期の出荷台数はわずか10万台でした。

一方で、グーグルの第2四半期のGoogle HomeとNestブランドの出荷台数は430万台。これは前年同期比の540万台から19.8%減少しています。また、このように出荷台数を減らしたのは主要5社のうちグーグルだけです。これはスマートスピーカーの世界市場が55.4%増加していることを考えると、かなり目を引く状況です。

またCanalysは、グーグルが最近行ったスマートスピーカー製品のNestブランドへの変更についても、不振の理由の一つだと指摘しています。そして、米アマゾンに追いつくためには非スマートディスプレイ(特にスマートスピーカー)製品の刷新が必要だと指摘しているのです。

また、グーグルもこの失策を認めているようで、方向転換を試みている兆候が報じられています。リーク情報によれば、Google Home Miniから名前を変えた「Nest Mini」では、音質改善や壁掛けへの対応、イヤホンジャックの追加が予定されているようです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: av, baidu, Gadgets, google, smartspeaker
0シェア
FacebookTwitter