スーパー「サミット」全店でLINE PayやPayPayなど利用可能に、9月1日から

導入と同時にPayPayの「ワクワクペイペイ」キャンペーン対象に

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年08月29日, 午後 08:00 in MobilePayments
0シェア
Summit QR
9月1日より、スーパーマーケットチェーンの「サミット」全114店舗で、下記のQRコード決済サービスが使えるようになります。
  • Alipay(支付宝)
  • WeChat Pay(微信支付)
  • LINE Pay
  • PayPay
  • メルペイ
これはサミットストア三田店、深沢坂上店、西永福店、砧店、喜多見駅前店の5店舗で8月19日から先行導入していた、QRコード決済サービスの対応店舗を拡大したもの。9月からは全ての店舗で利用可能になります。

なお、PayPayは9月に「10時~14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」キャンペーンを実施しますが、サミットは早速この対象店舗となります。
同キャンペーンの内容は、午前10時から午後2時の間にPayPayで支払うと、決済金額の最大10%のPayPayボーナスが戻ってくるもの。

ただし10%還元の対象は、ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザー、Yahoo!プレミアム会員のみで、それ以外の還元率は5%です。
付与上限は1回の会計につき500円相当、期間中の上限は3万円相当です。

サミットは各店で使える決済手段として、クレジットカードや各種電子マネー、ポイントカード、商品券などがありました。これに加えて今後利用の拡大が見込まれるQRコード決済サービスに対応することで、顧客の利便性向上を図る考えです。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: alipay, cashless, line, linepay, mercari, merpay, mobile, mobile payments, MobilePayments, payment, paypay, wechat pay
0シェア

Sponsored Contents