本気のシネマミラーレス「LUMIX S1H」発表。世界初Cinema4K/6K撮影対応、時間無制限記録も

「価格にもこだわり」50万円、9月25日発売

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年08月29日, 午後 02:11 in 6K
0シェア
FacebookTwitter
LUMIX S1H
パナソニックは8月29日、「シネマミラーレス」を標榜するミラーレス一眼カメラ「LUMIX S1H(DC-S1H)」を9月25日に発売します。

パナソニックのミラーレス一眼カメラのフラッグシップ「LUMIX Sシリーズ」の3機種目に当たるモデルで、プロ仕様の動画撮影性能を備えた、映画制作者、ビデオグラファー向けの製品です。

手持ち、ジンバル撮影、ドローン空撮など、従来のシネマカメラでは難しいシーンにも使える上、「予算の限られた映像製作現場」でも求めやすい価格帯を実現したとしています。LUMIX S1H(DC-S1H)ボディ単体での想定価格は、税抜50万円前後です。

24.2MPのローパスフィルターレスセンサー搭載し、解像感のある動画記録を実現。フルサイズのカメラとしては初めて、6k/24pの動画記録にも対応します。ハイフレームレート撮影 にも初めて対応し、スローモーションやクイック表現も可能です。

LUMIX S1H
LUMIX S1H

また、シネマ向けの性能として、10bitのCinema4K撮影をサポート。プロ仕様のシネマカメラ「VARICAM」シリーズと互換性を持つ色再現テーブルに対応します。映画撮影向けに、アナモフィックレンズの装着も可能としているほか、ATOMOS社のプロフェッショナル向け映像レコーダーとの互換性も備えます。

LUMIX S1H

LUMIX Gシリーズで取り入れている「デュアルネイティブISO」に搭載し、14+ストップのダイナミックレンジをサポート。明暗差があるシーンでもくっきりと記録します。

また、プロ向けの動画撮影では欠かせない、時間無制限の動画記録に対応。放熱用のファンを内蔵し、連続撮影時の安定性を確保しています。記録はUHS-II/V90仕様のSDカードスロットを2つ備え、同時記録による冗長性確保も可能です。

LUMIX S1H

液晶は自由度が大きいバリアングル仕様で、ファインダーも576万画素と高精細。映像記録で使いやすいよう、録画ボタンを前面にも配置し、撮影状況のインジケーターは前面・背面両方の用意します。

LUMIX S1H
LUMIX S1HLUMIX S1H

そのほか、LUMIX S1ゆずりの仕様として高精度AFや6段ボディ内手ブレ補正にも対応。本格的な写真撮影用途も備え、ロケハンにも適したカメラとなっています。従来のシネマカメラVARICAMシリーズが本体だけで200万〜300万程度の価格帯からすると、50万円で6k撮影対応は、破格と言えるかもしれません。ドキュメンタリー制作や映画撮影の現場では、選ぶ価値のある存在になりそうです。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 6K, camera, Cinema4K, LUMIX, LUMIX S, LUMIX S1H, mirrorless, panasonic
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents