2014年9月1日、「航空機内における電子機器の使用制限」が緩和されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年09月1日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter
1日も休むことなく続けてきた「今日は何の日?」ですが、2年目が終わり、今日で3年目となりました。古い出来事を紹介する記事ですが、3年目もよろしくお願いします。


以前は離着陸時の電子機器の利用は一律で禁止されていましたが、今では電波を発射しない電子機器なら制限なく使え、電波を発射する機器でも条件付きで使えるようになっています。この、航空機内における電子機器の使用制限が緩和されたのが、2014年の今日からです。todayこれは国土交通省による見直しで、欧米における航空機内における電子機器の使用に関する方針が変更されたことなどを踏まえた緩和とのこと。

何が変わったのかをざっくりまとめると、
  • 電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性に応じて航空機を区分し、その区分ごとに使用可能な電子機器と時間帯を拡大
  • 着陸の後、滑走路を離脱し誘導路に入った時から、全ての電子機器が使用可能となる
というのが大きなポイント。

today

同じ航空機でも区分があるので機種によっては差がありますが、機内にWi-Fiがあるならほぼ制限なしに使えるという理解でいいと思います。ただし、航空機外との通信を行うものは基本NG。BluetoothやWi-Fiでスマートフォンとイヤホン、PC、ゲーム機などを接続するのはセーフで、3GやLTEを使った通信や公衆無線LANを使う通信はダメということですね。

ただし、これらはあくまでドアクローズ時の制限。機内でもドアが開いている搭乗時や、着陸後の滑走終了後は利用が可能です。

today

以前は電波を発射しない機器でも離着陸時に使えず、スマートフォンや電子書籍端末はもちろん、カメラ、音楽プレーヤーまで電源をオフにしろと言われたものですが、この緩和後は使用できる機器が増え、離陸時の写真なども撮影できるようになりました。ただし、実際に使用できる機器については路線や空港、国、航空会社によって変わる可能性がありますので、こっそり使わず迷ったら確認するようにしましょう。

航空機は事故が起こると大参事となるだけに緩和は慎重ですが、時代に即した見直しがあるのはありがたいですね。

9月1日 そのほかの主なできごと

2004年、シャープが初代ヘルシオ「AX-HC1」を発売
2014年、国土交通省が航空機内における電子機器の使用制限を緩和
2017年、全天球カメラ「RICOH THETA SC Type HATSUNE MIKU」受注開始
2018年、8コア16スレッドの「Ryzen Threadripper 1900X」発売

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: airplane, today, wi-fi
0シェア
FacebookTwitter