Apple Watch Series 2/3の無償修理プログラム発表。画面に亀裂が生じる可能性が判明

アルミニウムモデルのみ

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年08月31日, 午後 01:15 in apple
0シェア
FacebookTwitter
watch

アップルはApple Watch Series 2およびSeries 3のアルミニウムモデルにつき、画面に亀裂が生じる可能性が判明したとして、無償修理プログラムを発表しました。公式リリースによると、ごくまれにApple Watch Series 2またはSeries 3のアルミニウムモデルの画面の縁の丸みを帯びた部分に亀裂が生じる可能性があると判明したとのこと。亀裂は画面のいずれか一辺から始まって外周に広がっていく可能性がありますーーと文章で表現されても想像しにくいのですが、具体的なイメージは下図の通りです。
watch
この種の亀裂が見られる対象モデルに関しては、アップルやアップル正規サービスプロバイダが画面を無償で交換すると述べられています。

修理手続きの窓口は、以下の3通りとされています。
  • Apple 正規サービスプロバイダ:お近くの正規サービスプロバイダの場所はこちらから
  • Apple Store 直営店:あらかじめこちらから予約の必要があります
  • Appleサポート:こちらから問い合わせ。サポート担当者が Appleリペアセンターへの配送修理の手配する流れとなります
この修理プログラムは対象となるApple Watchに対して、最初の小売販売日から3年間または本プログラムの開始日から1年間(いずれか長い方)が適用されます。筆者所有のSeries 3には亀裂が生じていませんが、お心当たりの方は上記の窓口から手続きされることをお勧めします。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, Applewatch, applewatchseries2, applewatchseries3, recall, repair, repairprogram
0シェア
FacebookTwitter