iOS 13で導入される5つのセキュリティ強化策まとめ

セキュリティを強化しすぎると不便にもなりそうですが

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年09月2日, 午後 04:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
iOS13
ASSOCIATED PRESS

新型iPhone発表イベントが今月11日(日本時間)に迫っていますが、その直後に正式リリースされるとみられるiOS 13。すでに6月の開発者会議WWDC19でもセキュリティアップデートの数々が公表されていましたが、主な内容が改めてまとめられています。米ForbesはiOS 13に実装される予定のセキュリティ改善点として、上位5つを列挙しています。以下、その内容および詳細な解説です。

バックグラウンドでのVoIP実行を禁止

セキュリティが強化されたiOS 13では、MessengerやWhatsAppなどのアプリによるバックグラウンドでのVoIP(Voice over Internet rotocol)が使えなくなります。これらの機能を使うアプリは継続的にVoIPサーバーに接続することで通話機能をすばやく起動できるようにしていますが、有料ニュースメディアThe Informationはこれが同時にユーザーの通信環境や位置などの情報収集を可能にしていると報じていました

現在地を追跡するアプリに関してアラートを通知

iOS 13では、バックグラウンドで現在位置を追跡しているアプリは通知され、知らないうちに位置情報が収集されることを防止します。アプリの追跡を検知するたびにポップアップが表示され、何回発生したかも通知。許可または制限するオプションが選べるとともに、追跡された場所の地図情報も表示されます。

位置情報の追跡を一度だけ許可できる

現在地の情報が必要なアプリは、一度切りの許可も可能です。こうした位置情報追跡の制約については、アプリ開発者たちが独禁法違反の疑いがあるとしてアップルに書状を送付していました

BluetoothおよびWi-Fi経由の位置追跡を防止または制限できる

アップルはGPSを介したアプリ追跡の停止機能を追加するだけでなく、一部のアプリメーカーが使用しているBluetoothおよびWi-Fiによる追跡も防止しているとのこと。

Sign in with Appleによりオンラインでの安全性を強化

アップルはApple IDで他社サービスにログインできるアクセスできるサービス「Sign in with Apple」を発表済み。ログインするサービスごとにユニークなメールアドレスを自動生成し、ユーザー自身のアドレスを渡さないしくみです。

このサービスはサードパーティログイン(Google/Facebookアカウントでログイン等)を採用するアプリに導入が義務づけられています。またApp Store審査を通過するための正式な条件ではないものの、競合他社のボタンよりも上に設置するよう求める方針とも報じられていました

そのセキュリティの堅牢さはGoogleも高く評価したことでお墨付きを得ています。ただし、アップルだけが純粋無垢であり、他社のサービスは不正を働いているような当てこすりに対しては不満が述べられていました。

これら新たなセキュリティ対策がiOS 13で導入されることにより、ユーザーのプライバシーはさらに堅牢に守られることが期待できるはず。が、一方で個人情報収集の取り締まり強化はサードパーティの便利なアプリを制約することにも繋がるため、今後は調整が求められるのかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, bluetooth, gps, gs, iOS13, privacy, security, signinwithApple, tracking, wifi
0シェア
FacebookTwitter