KIOSK and HARKSLEY CASHLESS

「ほっかほっか亭」などの事業を展開するハークスレイは9月2日、ほっかほっか亭各店舗にコード決済サービスを一斉導入しました。

コード決済サービスは、スマホの画面上に決済用のQRやバーコードを表示し、店頭レジのスキャナーで読み取ることで、商品代金の支払いができるサービスです。代金は決済サービスアプリに予め登録したクレジットカードや銀行口座から支払います。ほっかほっか亭で使えるコード決済サービスは下記の9つ。
  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • d払い
  • PayPay
  • au PAY
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Origami Pay(10月1日より利用可能)
  • Alipay
  • WeChat Pay(微信支付)
また直近では、関東、東海、関西地方の一部鉄道駅でキオスクやギフトショップ、書店などを展開している東海キヨスクが同じく9月2日からコード決済を採用しています。東海キヨスクで使えるコード決済サービスは、ほっかほっか亭で使えるサービスのうちOrigami Payを除いてゆうちょPayとNAVER Payを加えた10サービス。

キャッシュレスという括りにおいては、ほっかほっか亭、東海キヨスク共に従来からクレジットカードや電子マネーなどを決済手段として用意していましたが、これらに加えてコード決済を導入することで、顧客の利便性を向上させる狙いです。