watch
ここ最近iOS 13ベータ版からアップルが準備している新機能の手がかりが次々と発見されていますが、また追加の情報が見つかったと報じられています。米アップル関連情報サイトMacRumorsによると、まずApple Watch向けに「スクールタイム(Schooltime)」機能が開発中と判明したとのことです。この機能は、アプリの起動やコンプリケーションの表示、通知を全てブロックすることで、学生が授業に集中できるように設計されているもの。ただし安全上の理由から、緊急電話やアラートはブロックされないと述べられています。

スクールタイムは、iPhoneのApple Watchアプリで有効になる時間帯を設定できるとのこと。たとえば平日のみなど、細かなタイミングが調整できそうです。

そして9to5Macが報じていた、Apple Watch用の睡眠トラッカー機能に関しても続報あり。このアプリはユーザーに睡眠パターンの分析結果を提供するほか、就寝時間や充電を促すリマインダーも通知できるそうです。ただし、睡眠アプリの利用にあたっては最低でも30%のバッテリー残量が推奨されると伝えられています。

Apple Watch上に表示できるコンプリケーションとしては高度や緯度、経度や睡眠といった要素も追加。さらに「ClockFace-Burrito」(Burritoは睡眠アプリのコード名)との文字列もあることから、睡眠アプリ専用の文字盤も用意されているようです。

11日(日本時間)のiPhone発表イベントで登場が噂されるApple Watch Series 5(仮)は前モデルから変更が控えめになると予測され流出した写真もその可能性を補強するものでした。しかしwatchOS 6で用意される新機能がベストな形で利用できるのであれば、購入意欲も高まるのかもしれません。