engadget
アマゾンは、ドイツ・ベルリンのIFA 2019会場でFire TVシリーズの最上位モデル「Fire TV Cube」の第2世代を発表しました。日本でも11月5日に出荷予定。価格は税込1万4980円で、予約は本日(8月5日)より予約を開始しています。

engadget

「Fire TV Cube」は、Amazon Alexaを通じてハンズフリー操作できるテレビ接続型デバイスです。

NetflixやPrime Video、YouTube、Hulu、DAZN、FOD、AbemaTV、TVerなどの各種動画配信サービスに対応。加えてAlexaや双方向の赤外線通信、HDMI-CEC、クラウド経由の制御に対応し、Alexaに対応するスマートデバイスやAVアンプなどの操作も行えます。

その第2世代となる本モデルでは、ヘキサコアプロセッサを搭載し、最大60fpsの4K UHD再生に対応。また、Dolby Atmosの立体サウンドや、Dolby VisionやHDR、HDR 10+にも対応します。

音声認識はAmazon Echoの技術を取り入れており、8つのマイクアレイとビームフォーミングによって精度を向上。「アレクサ、ザ・ボーイズ 字幕版を再生して」と呼びかければ、テレビがオンになり、Prime Videoで前回停止した場面から視聴が再開します。

engadget
いわば、Chromecastのようなテレビ接続型デバイスとスマートスピーカーがセットになった製品。Fire TV Cubeシリーズの国内発売は今回(第2世代)が初となります。Alexaデバイスとしてはやや値は張りますが、Dolby VisionやHDR、HDR 10+対応など、最上位のセットトップボックスを求めたい方に向くデバイスと言えそうです。