iPhone XR後継機らしきベンチマーク結果が登場。RAMは約4GBに?

地味に速くなってそうです

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年09月4日, 午後 03:00 in Mobile
0シェア
FacebookTwitter
CHINA APPLE
Bloomberg via Getty Images

きたる11日(日本時間)のスペシャルイベントではiPhone XRの後継機が発表されるはずです。しかしどうやらそのデバイスのものと思われる謎のベンチマークスコアがGeekbenchに公開されました。この謎のデバイスはiOS 13.1を実行しており、モデル番号は「iPhone 12,1」でマザーボードの識別子は「N104AP」と記載されています。これらは米アップル関連情報サイト9to5MacがiPhone XR後継機の社内コード名として伝えたものと一致しています。
xr2
システム情報から読み取れる諸元は、まずデバイスの搭載RAMが約4GBであること。これはiPhone XRの約3GBから1GB増しであり、著名アナリストMing-Chi Kuo氏の予測とも符合しています。ハイエンドモデルiPhone XSとiPhone XS Maxはすでに約4GBを搭載していますが、そちらもRAMが増やされるのかもしれません。

次にプロセッサーの項目に目を移すと、そこには6コアと表記されています。おそらくA13(仮)と目されるこのプロセッサーは2つの高性能コアが負荷の高い演算タスクを担当し、4つの効率コアが日常的なタスクを引き受けるA12 Bionicと同様の構成になると推測されます。

そしてCPU周波数は2.66GHzとされ、A12の2.49GHzよりも高め。それをストレートに反映するようにシングルコアスコアは5415で、A12を搭載するiPhone XRの平均4796よりも約12〜13%の向上を見ています。

興味深いのは、このプロセッサーのマルチコアスコア11294が、A12の平均スコア11192とほぼ変わらないこと。この点についてGeekbenchの開発者は、高負荷の作業を行って温度が上がると減速する、いわゆる「サーマルスロットリング」の可能性を指摘しています。同じアップル製品としては、MacBook Pro(2018)でも同様の現象は確認されたことがあります

このGeekbenchスコアが真実かどうかは確認できず、偽造された結果という可能性もあります。ただ、Geekbench開発者は「結果に目に見えて怪しいところはない」ともコメントしています。

A12 Bionicの後継となるプロセッサーはA12に引き続いて7nmプロセス製造ながらEUV(極端紫外線)技術が導入され、数学演算を担当するコプロセッサーも追加されるとの噂もありました。劇的なアップデートはなさそうですが、「複数のカメラで撮影したデータを組み合わせた写真の自動補正機能」やAR体験など、iOS 13の新機能と合わせて着実な進歩は体感できるかもしれません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: a12bionic, a13, apple, AppleRumor, GeekBench, iphone, iphone11, iPhoneXr, Mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter