ケース装着で2画面化される「LG G8X ThinQ」発表

V50からブラッシュアップされています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月6日, 午後 07:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
LG G8X
LGが、IFA 2019において、フラッグシップスマートフォン「LG G8X ThinQ」を発表しました。2画面化ケース「LG Dual Screen」を利用できるのが大きな特徴の端末です。


LG Dual Screenを使うものとしては、MWC 2019で発表されたLG V50 ThinQが挙げられます。基本的な仕組みはこれと同じなのですが、いくつか変わっているポイントもあります。


まず、LG Dual Screenのディスプレイサイズですが、V50では本体よりも一回り小さくなっていますが、G8Xでは同じサイズ(6.4インチ 2340 x 1080ドット OLED)となりました。接続方法もV50の背面端子からUSB Type-Cでの接続に変更されています。

LG G8X ThinQ

また、デュアルスクリーン側背面に3つ目の画面が追加されています。2.1インチのモノクロOLEDですが、これにより、ケースを閉じた状態でも時間や通知などを確認可能となっています。

8月に、3画面スマートフォンではないかと噂されていた端末の正体はこれでしょう。


LG G8X ThinQ

ヒンジも改良され、360°のフリーストップに対応。好きな角度で固定できるようになりました。

LG V50 ThinQ、1代限りの「キワモノ」として終るかと思っていたLG Dual Screenですが、ユーザーからのフィードバックをもとに、しっかりとブラッシュアップされてきました。Galaxy FoldやHUAWEI Mate Xとは違い、中央にヒンジがあるので大きな1画面としては利用しにくいですが、SNSを開きながら動画を観る、Google Mapを開きつつ、もう片方にはストリートビューを表示するといった使い方もでき、実用性という点では劣っていないように感じます。

LG G8X ThinQ

肝心のスマートフォン自体の仕様ですが、SoCはSnapdragon 855でRAM 6GB、ストレージ128GBとハイエンド。背面カメラは 12MPの標準カメラと13MPの広角カメラのデュアル仕様。フロントカメラは32MPと高画素仕様ですが、撮影した写真自体は8MPに圧縮されるようです。

バッテリー容量は4000mAh。本体サイズは159.3 x 75.8 x 8.4mmで重さ192g。LG Dual Screenは165​​.96 x 84.63 x 14.99mmで装着した際の重さは226gになります。

価格などの詳細は発表されていませんが、第4四半期に主要な市場で発売されるとのことです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dualscreen, gear, ifa2019, LG, LG G8X ThinQ, LG G8X ThinQ Dual-Screen, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents