2007年9月7日、空中で操作ができるマウス「MX Air」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年09月7日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter
マウスからトラックボール、キーボード、ゲームパッドまで、幅広い入力機器を扱うロジクール。実用性の高さから、多くのファンの心をつかむ製品が数多くありますが、ちょくちょく風変わりなデバイスを投入することでも知られています。

「MX Air」は空中でもポインター操作が可能になるという、風変わりなデバイスのひとつ。この製品が発売されたのが、2007年の今日です。todayMX Airは普通のマウスとしてみるとだいぶ縦長で、それもそのはず、マウスとしてだけでなくメディアリモコンとしての利用も考えられた製品。本体に再生/停止や音量ボタンを備えるなど、基本的なメディアコントロール機能が搭載されています。また、スリムなデザインを優先したのか、ホイールはタッチセンサー式。指を前後に滑らせるとスクロールできるというものでした。

today

最大の特長は、持ち上げると自動で空中操作モードへと切り替わる事。内蔵されたMEMSセンサーによってマウスの動きを読み取り、動かす方向によってポインターを操作できます。もちろん手振れ補正もあるので、大まかに動かすぶんには意外と快適に操作できました。ドット単位の精密な操作には机に置いて使い、ざっくりメニュー操作ができればいいという時は空中操作で使う、というのが向いています。

さらに、VOLボタンを押しながら左右に倒すと音量調整、小さく回転させると次のトラック再生といったジェスチャー機能を装備。テレビに接続したリビングPCの操作用と考えると、なかなか使える機能です。

面白い製品だったのですが、1万8800円という価格ではそうそう簡単には手が出せません。しかも、他のモデルと比べてしまうとマウスとしての使い勝手は微妙。最初からリビングPC操作用と割り切っているならアリですが、そうでない場合、そこまで魅力が感じられないというのが惜しい製品でした。


today

9月7日のおもなできごと

2001年、ドコモがキーボード付きPDA「sigmarionII」を発売
2007年、東芝が携帯プレーヤー「gigabeat T401S」を発売
2007年、ロジクールが空中操作可能なマウス「MX Air」を発売
2012年、マイクロソフトが「Wedge Touch Mouse」などを発売

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: logicool, mouse, mx air, today
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents