Googleアシスタントのアンビエントモード発表。タブレットやスマホをスマートディスプレイに

利用できるのはIFAで発表された一部機種のみ

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月6日, 午後 06:00 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter
Google AssistantGoogleは9月5日(現地時間)、ドイツで開催中のIFA 2019にあわせ、Googleアシスタントの新機能アンビエントモードを発表しました。

これは、タブレットやスマートフォンの充電中などに、デバイスのロック画面にリマインダーや通知などを表示したり、スマートホームデバイスの操作を可能なインターフェースを表示したりできるもの。ようするにタブレットやスマートフォンをスマートディスプレイのように利用でき、Amazon FireタブレットのShow Modeのようなイメージです。

Google Assistant

デジタルフォトフレームとしても利用でき、この辺りはPixel 3をPixel Standで充電するときのイメージに近いものがあります。


ただし、すべてのAndroidデバイスで利用できるわけではなく、現在利用できるのは、IFAで発表されたLenovo Smart Tab M8 HD、Lenovo Yoga Smart Tab、Nokia 7.2、Nokia 6.2に限られています。

おそらくはGoogleの次期スマートフォン、Pixel 4でも利用できるのでしょう。他のデバイスへの展開については触れられていませんが、既存デバイスでも利用できるよう、アップデートを期待したいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ambient mode, gadgetry, gadgets, gear, google, Google Assistant, ifa, IFA 2019, IFA2019, internet, lenovo smart tab, lenovo yoga smart tab, LockScreen, nokia 7.2, services, smart display, smart home
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents