楽天からSIMフリーAQUOSが2機種登場

後日アップデートでMNOに対応予定

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年09月6日, 午後 03:58 in AQUOS
0シェア
FacebookTwitter

AQUOS sense3 lite

楽天モバイルは、MNOとMVNO共通で使えるシャープ製の新端末として、「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」を投入。10月上旬以降順次発売します。

2機種ともSIMロックフリーの状態で販売され、MNO「無料サポータープログラム」の対象です。無料サポータープログラムは利用者を募り、ユーザー数を限定した試験的なサービス。発売当初は楽天MVNOで使え、アップデートによってMNOでも使えるようになるとしています。

AQUOS sense3 lite▲楽天モバイルが取り扱うAQUOS sense3 lite

AQUOS sense3 liteは4000mAhのバッテリーや、約5.5インチのIGZOディスプレイ(2160×1080ドット)を搭載している点が大きなポイントです。CPUはSnapdragon 630(2.2GHz+1.8GHz オクタコア)、RAMは4GB、ROMは64GBを内蔵しています。

メインカメラは約1200万画素、インカメラは800万画素をそれぞれ搭載。このうちメインカメラではシーンに適した撮影モードを自動で選択するAIオート機能が使えます。このほか、IPX5・IPX8/IP6X等級の防水/防塵も対応します。


AQUOS sense3 lite
▲楽天モバイルが取り扱うAQUOS sense3 liteのスペック

AQUOS sense3 plus
▲楽天モバイルが取り扱うAQUOS sense3 plus

なお、AQUOS sense3 liteの価格とAQUOS sense3 plusの詳しい特徴や価格などは後日発表される予定です。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: AQUOS, aquos sense 3, aquos serie, mobile, sense3 lite, sense3 plus, sharp, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents