Qualcomm Processors 5G Modem

米クアルコムは、5G通信機能をハイエンド向けからミドルレンジ向けのプロセッサに統合すると発表しました。これにより、2020年には多くの同社製プロセッサが5G通信にネイティブで対応することになります。

発表によると、今後はハイエンド向けの8シリーズとミドルレンジ向けの6シリーズ、7シリーズのプロセッサに5G通信機能を統合するとのこと。このプロセッサを搭載したスマートフォンは、OPPOやRelme、Redmi、Vivo、モトローラ、ノキア、LGから投入される予定です。また以前にも、韓国サムスンが5Gモデムを統合したSnapdragon 855を端末に採用することが報じられていました。

クアルコムによれば、統合される5G通信機能ではサブ6GHzからミリ波、そしてTDDとFDDのすべてのバンドが利用でき、マルチSIMにも対応します。

現在のスマートフォン向けの5Gソリューションでは、プロセッサとは別に5Gモデム(クアルコムのX50など)を搭載する必要があります。また、クアルコムが近日発表した7nmプロセスで製造されるX55モデムはより速い通信と省電力化を実現していますが、製品出荷は2020年となります。同社による最新の統合5Gシステムと5Gモデムでは、モデムとRFトランシーバー、RFフロントエンドを統合した「Snapdragon 5G Modem-RF System」が利用されます。

クアルコムは来年までに、5G統合バージョンと非統合バージョンの6、7、8シリーズのSnapdragonを出荷します。5G統合バージョンの7シリーズは今年の第4四半期に出荷され、6シリーズは2020年後半に出荷され、製品も順次登場する予定です。5G統合バージョンの8シリーズの詳細については、年内に明かされる予定です。