iPhone 11(仮)、やはり20日発売か。NY5番街の名物ストアも同日改装オープン

ガラスキューブがお出迎えします

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年09月9日, 午後 01:10 in apple
0シェア
FacebookTwitter
NY
いよいよ今週10日(米現地時間)にiPhone発表イベントが開催される予定ですが、iPhone 11(2019年モデルの通称)は9月20日に発売されるとの噂が報じられています。米アップル関連情報サイトAppleInsiderによると、アップルの従業員からiPhone 11がリリースされる20日に向けて準備が進められているとの情報が入ったとのことです。

先日も米MacRumorsが「大手キャリアで働いてるという情報提供者」からの噂として、予約開始日は13日で発売日は20日との予測を報じたばかり。このタイムスケジュールは、過去数年の「新型iPhone発表から2〜3日後に予約開始、その1週間後に販売および配達」と同じパターンであり、信ぴょう性が高いと思われます。

さらに情報を提供したアップル従業員は、米ニューヨーク五番街のアップルストアが改装オープンし、iPhone 11の販売開始とともに顧客を招待する予定だとも語っているそうです。

五番街店は現地の名所となっていますが、その象徴ともいえる巨大なガラスキューブは店舗の改装および拡張工事に伴い、200万ドルを掛けていったん撤去。もう戻ってこないのではとの憂慮する声もありましたが、先週まわりの壁が取り外され、多色に彩られた美しい姿を見せています。



レインボーカラーのりんごと「By innovation only.」とシンプルに予告されたiPhone発表イベントは、日本時間11日午前2時〜に開催の予定。2018年モデルからのマイナーチェンジに留まり「目新しさに欠ける」との予測が有力なiPhone 11ですが、「イノベーションだけ」とのキャッチフレーズに相応しい新技術のお披露目も期待したいところです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, AppleRumor, AppleStore, iphone11
0シェア
FacebookTwitter