Nintendo / USPTO
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のコントローラーは特徴的な2つのJoy-Conで構成されており、本体にセットしてひとつのコントローラーとして使ったり、取り外して別々に操作したりといった使い方が可能です。しかし任天堂は最近、より手の形にフィットしやすくなることを狙ったような、折れ曲がるJoy-Conを米国特許商標庁(USPTO)に申請しています。このJoy-Conは通常のものと同様、本体にセットするためのレールをそなえていますが、左右コントローラーの上部が後方へと折れ曲がる仕掛けが追加されています。またこのヒンジ部分は本体にセットされていてもいなくても機能するようになっています。それ以上の変更はないようですが、少なくとも内部基板は一部がフレキシブルな設計に変わっているはずです。

Nintendo / USPTO

これによって、細かな入力が必要になるアクション系のゲームでは操作の精度が上がるかも知れません。たとえばオンラインでの対戦やeSportsなどでより高い成績を獲得しやすくなる可能性もあります。ただ、何事も勝敗はまずその人の腕前に寄るところが大きいので、仮にこの特許にあるようなコントローラーを使ったからといって上位入賞がすぐに可能になるというものでもないでしょう。

まだ特許申請の段階の話であり、将来的に任天堂がこのようなコントローラーを発売するかどうかはわかりません。任天堂はコントローラーを本体に一体化したSwitch Liteを最近発売しました。とすると、折れ曲がるJoy-Conは逆にガチのゲーマー向けの上位モデルに採用される可能性も予想されます。ただ、コントローラーの特許申請だけではそういったSwitch新モデルが出る根拠としては弱そうです。

ともあれ、任天堂がJoy-Conの改良を考えていることは明らかです。将来的にどこかの時点で、折れ曲がるJoy-Conか、さらになにか新しいギミックを備えたコントローラーが登場する可能性は高そうです。