3眼カメラ搭載の「iPhone 11 Pro」をApple Parkで早速ハンズオン、背面の質感にほれぼれ

マットな質感に仕上がってます

Engadget Staff
Engadget Staff
2019年09月11日, 午前 06:12 in apple
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
9月11日アップルの新製品発表イベントにて発表された「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro/Pro Max」。3機種ともに9月13日午後9時に国内発売予定で、発売は9月20日。現地にて取材しているEngadget 日本版の矢崎編集長(ACCN)によるハンズオンをお届けします。

iPhone 11 Proの背面にほれぼれ

iPhone 11 Pro/Pro MaxはiPhoneシリーズではじめて「Pro」と名のつくこのモデル。カラフルなiPhone 11の上位シリーズとして展開されます。iPhone 11 Proは5.8インチで価格は10万6800円(税別)から。iPhone 11 Pro Maxは6.5インチで、価格は11万9800円(税別)から。

最大の特徴である3眼カメラは「標準」「望遠」「超広角」の役割を担っており、それぞれ12メガピクセルです。3つの画角をスムーズに切り替え可能で、低照度でも美しい写真を撮影できるNight Photoモードを搭載します。

新搭載のSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)は、458ppiの画素密度、200万対1のコントラスト比、1200nitsの高輝度、高い色再現性をもち、Dolby Vision(HDR再生)をサポートしています。








3眼カメラやディスプレイの進化はもちろんですが、矢崎編集長の注目ポイントはボディの素材。グレードのステンレス鋼からの削り出しで作られたボディは、マットな質感に仕上がっています。

Engadget
▲発表会のデモでプレーされていたアクションゲーム。GPUが大幅に向上した新CPU「Apple A13」を搭載しています

Engadget
▲底面はこんな感じ、スピーカー穴は左右非対称です

関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも

カラフルなXRの後継機「iPhone 11」

Engadget

iPhone 11は「iPhone XR」の後継にあたる普及モデル。価格は7万4800円(税別)からです。メインカメラは12MP広角(従来のカメラと同等の画角)と12MP超広角のデュアル仕様で、液晶の6.1インチLiquid Retinaディスプレイを搭載しています。



Engadget
▲カラバリはブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド、ホワイトの6色

Engadget
▲XR比で新色となるグリーンとパープルは人気になりそうです

Engadget
▲セルフィーはより広角になりました。Apple Parkのスタッフさんとパシャリ

関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple201909, ios, iphone, iphone11, iphone11pro, iPhone11ProMax, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents