第7世代「iPad」を現地でハンズオン、Smart Keyboardに対応したことで3万円台のお手頃PCに

ディスプレイもちょっと大きく!

Engadget Staff
Engadget Staff
2019年09月11日, 午前 07:02 in apple
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
9月11日アップルの新製品発表イベントにて、10.2インチのiPad(第7世代)が発表されました。価格は3万4800円(税別)から。本日11日から発売し、9月30日より出荷が開始されます。

9.7インチiPad後継モデルの後継機で、ディスプレイが拡大してSmart Keyboardに対応しました。テキスト入力が容易になったのでPCライクな使い方はもちろんですが、前モデル同様「Apple Pencil」にも対応しているので手頃なイラスト作成機材としても注目を集めそうです。
Engadget
▲側面には前モデルにはなかった「Smart Keyboard」用の端子が

Engadget
▲マルチタスクが可能な「iPad OS」を初期搭載

外見だけではアップデートが分かりにくい第7世代iPadですが、iPad OS搭載とSmart Keyboard対応によってエントリー帯のタブレットからお手頃なPCに進化したと言ってもいいでしょう。

関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple201909, ipad, ipados
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents