ios
アップルはプレスリリースで、iOS 13を9月19日(米国時間)より提供開始すると発表しました。日本時間では20日から。スペシャルイベントにて公開されたiPhone 11シリーズの発売日(20日)に対応したかっこうです。iOS 13は、iPhone 6s以降のデバイスに対する無料のソフトアップデートとして配信される予定です。iOS 12でサポートされたiPhone 5sやiPhone 6は外されましたが、iPhone SEは含まれています。

iOS 13のアップデート内容は6月の開発者向け会議WWDC19にて発表されており、希望するユーザー向けのパブリックベータ版も配信されています。主立った内容のまとめは、こちらにある通り。旧機種もパフォーマンスが向上し、ダークモードもサポートされるほか、アプリによる位置情報追跡の制限や「Sign in with Apple」といったセキュリティ対策も強化されています。

また、ゲーム定額サービスApple ArcadeもiOS 13とともに提供開始される予定です。日本での価格は月額600円で、初月1か月間はフリートライアルのお試し期間も用意されています。

さらにマイナーアップデートのiOS 13.1が9月30日(米国時間)に配信され、追加のソフトウェアが提供されるとのことです。iOS 13の正式リリース前にiOS 13.1ベータが公開されて注目を集めていましたが、その理由は「すぐ後に公式配信されるから」が正解だったもようです。