「iPhone 11 Pro」は18W急速充電器が同梱、出力3.6倍

時代遅れの5W充電器よさらば

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年09月11日, 午前 03:56 in apple
0シェア
FacebookTwitter
engadget
日本時間の9月11日未明に開催されたApple Special Eventより。アップルが発表した「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」には18Wの急速充電器が付属します。なお、「XR」の後継となる「iPhone 11」には従来どおり5W充電器が付属します。

ファーウェイやサムスン、OPPOなどのAndroidフラグシップは急速充電器を当然のように同梱しており、アピールポイントともなっています。(国内キャリア版は例外あり)一方、iPhoneは「X」世代からUSB-PD急速充電(端末側の端子はLightning)に対応するものの、急速充電用のアダプタは同梱しておらず、時代遅れな5W急速充電の同梱に留まっていました。

今回、18Wの急速充電器が同梱されることで、充電速度の飛躍的な向上が期待できそうです。

加えて、「iPhone 11 Pro」では「XS」に比べて4時間、「iPhone 11 Pro Max」では「XS Max」に比べて5時間バッテリー駆動が延長(公称値)しており、充電周りのストレスは大きく軽減することが期待されます。

関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple201909, iphone, iphone11pro, iphone11promax, mobile
0シェア
FacebookTwitter