Alexa
Amazonの音声アシスタントAlexaが、読み上げ速度の調整に対応しました。天気を読んだり、質問に回答したりするときの速さを7段階で調整可能になります。

調整するには、「アレクサ、もっと速く話して」「アレクサ、もっとゆっくり話して」などと呼びかけます。なお、「普通の速度で話して」で標準の速さに戻ります。いまのところ、調整は音声コマンドのみで、Alexaアプリからの変更は行えないようです。

・Alexaが話す速度を上げる場合:
「アレクサ、もっと速く話して」、「アレクサ、もう少し速く話して」、「アレクサ、話す速度を上げて」
・Alexaが話す速度を下げる場合:
「アレクサ、もっとゆっくり話して」、「アレクサ、もう少しゆっくり話して」、「アレクサ、話す速度を下げて」
・Alexaが話す速度を通常に戻す場合:
「アレクサ、普通の速度で話して」、「アレクサ、通常の速度でしゃべって」、「アレクサ、話す速度をリセットして」

この機能は、目が不自由でオーディオコンテンツを常用しているユーザーからの「もっと速く話してもらいたい」、あるいは高齢者や耳が不自由なユーザーからの「もっとゆっくり話してもらいたい」という要望を受けて実装されたもの。

他の音声アシスタントでは、選択したテキストの読み上げ速度を変更できるものはありますが、応答そのものの速度は変えられません。

天気などの読み上げ速度も速くなるので、朝急いでいるときにさっと天気を知りたい場合などにも重宝しそうです。ただ、速度が変わるのはAlexa自身が話す場合のみ。フラッシュニュースなど音声コンテンツが再生される場合には、速度は変わりません。