OnePlus 7Tは9月26日のイベントで発表。2モデル構成のハイエンド端末になる可能性も

90Hz駆動のディスプレイやSnapdragon 855 Plusを搭載

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年09月17日, 午後 06:30 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter
OnePlus 7T

中国OnePlusは、次期スマートフォン「OnePlus 7T」を9月26日に北米向けに発表します。また、ヨーロッパ向けには10月10日に発表予定となっています。

OnePlusがイベント開催に向けて投稿したティーザー動画からは、多くの情報は読み取れません。しかし事前情報によれば、6.55インチディスプレイを搭載した通常モデルのOnePlus 7Tと、6.7インチディスプレイの上位モデルのOnePlus 7T Proの発表が予測されています。

搭載される有機ELディスプレイは90Hz駆動が可能で、プロセッサにはSnapdragon 855 Plusを搭載。背面には1600万画素の超広角レンズを含む3カメラを搭載し、バッテリー容量も強化されます。さらに、本体デザインをカスタムしたマクラーレンとのコラボモデルも登場するようです。

OnePlsuはこれまで通常モデルと大画面モデルを年1回発表してきましたが、今年はすでにOnePlus 7とOnePlus 7 Proの2モデルを投入しています。そして事前情報どおりにOnePlus 7TとOnePlus 7T Proが投入されれば、同社の製品ラインナップと投入サイクルはさらなる「攻め」の姿勢を意味することになりそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, OnePlus, smartphone
0シェア
FacebookTwitter