2014年9月19日、カメラ部とモニター部が分離するデジカメ「EX-FR10」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年09月19日, 午前 05:30 in today
0シェア
普通のコンデジとして撮影するのはもちろんのこと、変形させての自撮り、カメラ部とモニター部を分離しての撮影など、様々な使い方ができるユニークなデジカメとして登場したのが「EX-FR10」。この製品が発売されたのが、2014年の今日です。today純粋にコンデジとして見ると、有効画素数こそ1400万と高めとはいえ、光学ズームのない微妙な製品。しかし、防水防塵仕様、高い耐衝撃性、35mm換算で21mmと画角が広いなどの特長があり、屋外での撮影やアクションカム的な使い方ができるのがメリットです。

とくに面白いのが、カメラ部とモニター部を分離しての利用。カメラだけを自転車やペットの首輪などに固定すれば、普段と違った視点からの撮影が可能となります。木の上などに固定して、高い視点からのタイムラプス撮影をするのも楽しそうですね。

today

ちなみに、カメラ部にもモニター部にもシャッターボタンがあり、どちらでも撮影可能です。また、分離時でも常時モニターに映像が映るので、画面を確認しながらカメラの位置を調整できるのも便利。使い方次第で、今までにない撮影が楽しめる製品でした。

today

なお、分離型のEX-FRシリーズ最終モデルは2016年9月発売の「EX-FR200」。レンズの画角が185°となって全天周撮影が可能になったほか、スマートウォッチ「WSD-F20/F10」と連携した操作が可能など、さらに進化していました。

9月19日のおもなできごと

1998年、ソニーが「VAIO C1」(PCG-C1)を発売
2002年、アップルが「iPod for Windows」を発売
2008年、ロジクールが無線レーザーマウス「MX1100」を発売
2014年、アップルが「iPhone 6/6 Plus」を発売
2014年、カシオ計算機がレンズとモニターが分離する「EX-FR10」を発売
2014年、EIZOが31.5インチ4K液晶「FlexScan EV3237」を発売
2018年、任天堂が「Nintendo Switch Online」を正式スタート

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: ActionCamera, camera, casio, ex-fr10, today
0シェア