Amazonからの荷物をロッカーや店舗で。受け取りがより自由になるAmazon Hubが日本で開始

受け取り方法の幅が広がるのはありがたい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月19日, 午後 08:00 in amazon
0シェア
FacebookTwitter
Amazon Hub
アマゾンジャパンは9月18日、新しい商品受け取りサービスとなる「Amazon Hub」の日本導入について発表しました。

実際の受け取り方法には、セルフサービスで荷物を受け取る「Amazon Hubロッカー」と、店舗での受け取りを行う「Amazon Hubカウンター」があり、2019年9月中に東京と神奈川を中心に数十か所に導入します。2019年中というスパンでは、やはり東京と神奈川を中心に約200か所の導入を予定しているとのこと。2020年以降には日本全国へ拡大予定としています。Amazon Hubは米国などですでに実施されているサービス。Amazonでの注文時に配送先としてロッカーを指定し、実際にロッカーに荷物が届くと、受け取り準備完了のメールを送信。そのメールに記載されている受け取りバーコードをロッカーのスキャナーで読み取ると、ロッカーが開き商品を受け取れる仕組みです。

なお、米国ではロッカーを使って返品も行えますが、日本ではまだ対応していません。また、荷物の保管期限は3日間です。


Amazon Hub カウンターは、ロッカーの代わりにユーザーが良く利用する店舗に配送されるもの。受け取り準備完了のメールが送信されるのはロッカーの場合と同様で、受け取り時には店舗スタッフによりバーコードのスキャンが行われます。こちらの保管期限は14日と、ロッカーに比べて長めです。

Amazon Hub

現時点での提携企業は、ファミリーマート、小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合など。

24時間好きな時に受け取れるロッカーはまだしも、カウンターはコンビニ受け取りでもいいのではないかと思えます。ただ、良く行く喫茶店やレストランなどで荷物を受け取れるなら、わざわざコンビニに寄る手間も省けるのかもしれません。店舗側にしても、新たな集客のチャンスとなりそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, amazonhub, business, services
0シェア
FacebookTwitter