Googleアシスタントに新しい音声が追加。日本でも2種類から選べるように

「赤」が従来の女性的声、「オレンジ」が男性的な声

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月19日, 午後 02:50 in google
0シェア
FacebookTwitter
Google Assistant
海外では使えたGoogleアシスタントの男性音声が、日本でも使えるようになりました。これまでAssistantの音声は女性の声のみでしたが、あらたに男性の声も選択可能となっています。

Googleアシスタントの音声は、米国ではすでに11種類から選択可能となっているのですが、あらたにフランス語、ドイツ語、オランダ語、日本語、ノルウェー語、韓国語、英語(英国、インド)で新しい音声'(声質)が追加されています。

追加される音声は、GoogleのAI開発子会社DeepMindが開発したディープニューラルネットワーク技術、WaveNetを利用しているとのこと。これにより自然な音声に聞こえるとしています。音声の切り替えは、Googleアシスタントの「設定 > アシスタント > アシスタントの音声」から。面白いところでは、各音声は女性や男性などの性別ではなく、色で表されています。日本では「赤」「オレンジ」から選択可能となっています。

なお、今後あらたにGoogleアシスタントをセットアップする際は、どちらかの音声がランダムで割り当てられるとのことです。

Google Assistant

Googleによると、ユーザーは自分に合った音声を見つけるのを楽しんでおり、そのためには性別といったラベルなしで音声を提示するのが重要だと考えているとのこと。であれば、2つと言わず、米国以外でももっと多くの選択肢を示してほしいところですが、それは今後に期待しておきたいと思います。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Assistant, av, DeepMind, entertainment, gear, gender, google, language, mobile, personal computing, personalcomputing, services, voiceassistant, voices
0シェア
FacebookTwitter