ビジネスツールよりも手軽なカジュアル寄りPalm OS端末として登場したCLIEシリーズですが、その中でもとくに「遊び」を意識し、ライトユーザー向けとして生まれたのが「PEG-SJ30」。この製品が発売されたのが、2002年の今日です。todayカジュアル要素を前面に押し出したCLIEシリーズとはいえ、用途が特殊な情報端末なので、どうしてもビジネスユース、もしくはガジェット好きな人がターゲットとなりがちでした。そこで、よりライトな層にも使ってもらえるよう、電子書籍やゲームといった(ある意味Palmらしくない)機能を搭載していた「PEG-SJ30」。

today

電子書籍は、お試し用として3冊ほどが付属。ソニースタイルからも購入できるようになっていましたが、当時は今のようにコンテンツが充実していたわけではありません。読む作品がなければ意味がないわけですが、リーダーとして搭載されていた「Pook」が青空文庫形式に対応していたので、作品がなくて困るといった心配はありませんでした。

ゲームは最初からピンボール、シューティング、カードゲームの3つのゲームが付属。別売のゲームコントローラー「PEGA-GC10」を購入することで、「コラムス」も遊べるようになります。このゲームコントローラーは本体に装着できるので、まるでゲーム専用機のようなスタイルで遊ぶことができました。

today

訴求点は悪くない気がしますが、そもそも電子書籍に興味がある人ならこの手のデバイスはすでに持っていそうですし、ゲームが目的ならゲーム機を買うほうが価格も安く、作品数も多いため、どうにも中途半端。これ以降、CLIEは多機能高付加価値とシンプルの二極化していった印象があります。

9月21日のおもなできごと

1991年、日本電気ホームエレクトロニクスが「PCエンジンDuo」を発売
2002年、ソニーがコンパクトなCLIE「PEG-SJ30」を発売
2012年、ソフトバンクとauがアップルの「iPhone 5」を発売
2016年、アマゾンが8インチタブレット「Fire HD 8」を発売
2016年、格安SIM「LINEモバイル」の一般販売がスタート
2018年、ドコモ・au・ソフトバンクが「iPhone XS/XS Max」を発売