iOS 13のオーディオ共有、AirPods / Powerbeats Proに加えBeats製品の対応拡大へ

Apple H1 / W1搭載機種で使えるようになります

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年09月21日, 午前 06:50 in AV
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
iPhone 11の発売日に合わせてリリースされたiOS 13には、オーディオの共有機能がと称する機能が用意されています。これは1台のiPhone、iPad、iPod touchに、同時に2セットのBluetoothイヤホンをペアリングして、同時に同じ音楽や動画を楽しめる機能です。オーディオ共有機能は設定メニュー内の[Bluetooth]から有効化することが可能。この機能は以前AirPodsのほかBeatsのPowerbeats Proに対応するとされていましたが、Beats製品に関してはApple H1、およびW1チップを搭載するStudio3 Wireless、BeatsX、Powerbeats3 Wireless、Solo3 Wirelessでも利用可能になります。

ただ、これらBeats製品のオーディオ共有機能サポートは9月23日に開始されるとのこと。9月24日にはiOS 13.1のリリースが控えていることからもしかするとBeats製品の追加のサポート分はiOS 13.1に含まれてやってくる可能性もあります。

いずれにせよこれからは、たとえば仲の良い友人と電車で移動するときや、コンサート会場が開くのを待つときなど、ちょっとした時間を潰す際に2人で同じ音楽もしくは動画を楽しめれば、退屈して待ちくたびれたりせずに済みそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, audio sharing, AV, beats, gear, mobile
0シェア
FacebookTwitter